畠山 温 准教授

原子物理学
光を使って原子を操作し観測することは、量子の不思議な世界を調べ、量子コンピューターなどの応用を生み出すために極めて強力な方法です。本研究室では独自の原子操作法を研究しています。
ホームページ http://amo.lab.tuat.ac.jp/